太陽光発電のメリットとデメリット

太陽光発電のメリットは

太陽光発電のメリットはなんといっても売電収入を期待できることです。発電した電気は自宅でも使用できますので、光熱費の削減も可能です。また災害時の非常電源としても利用できるので、いざという時の備えとしても有効です。さらにクリーンなエネルギーを自らが生み出しているというのも非常に魅力的です。世界的にも大きな問題となっている温暖化や、東日本大震災で大きな問題となった原発問題を考えるうえでも、太陽光発電には大きな力が備わっているといえるでしょう。

太陽光発電にはデメリットもあります

ただし太陽光発電にもデメリットはあります。まず設置場所によっては思ったほどの売電収入を得ることができません。天気に左右されやすいので発電量も不安定なうえ、変換効率が悪いのもデメリットといえます。また太陽光パネルそのものは耐久性が高いのですが、パワーコンディショナーなどの周辺機器は耐用年数が短いので、修理や交換費用も考慮しておかなければいけません。国からの補助金も打ち切られており、設置環境によっては諦めたほうがいい場合もあるでしょう。

太陽光発電を設置したほうがいい人は

では太陽光発電を設置したほうがいいのはどのような人でしょうか。まずなによりも設置環境が優れていることが重要です。日照時間が長いことや、周辺に発電を阻害するものがないというのは非常に重要な条件となります。さらに自治体の補助金も大きな影響を与えます。事前に補助金の有無や金額をしっかり調べておきましょう。全体のコストを下げるためには一つの業者に任せるのではなく、複数の業者に見積もりをさせて、もっともコストパフォーマンスの高いところを選ぶことも必要です。

太陽光発電の価格は、ここ数年でだいぶリーズナブルになってきました。ちなみに、太陽光発電が出始めたころに比べ、約10分の1になっています。