貸倉庫をうまく利用する

保管スペースに困ったら

世の中には、季節ごとの各種のイベントがたくさんあり、バレンタイン、お花見、子供の日、七夕など、それぞれに応じた商品が用意されます。それらに関わっている企業の関係者は、そこで売り上げを上げていくためには、どうしたらよいかをいつも画策しています。その一つの方法としては、一時的に集中しがちな生産量を分散し、閑散期に生産を行い、ある程度の在庫を倉庫に保管して置くなどしています。こうすることで、生産能力以上のものを準備できるのです。

無駄の経費は極力避ける

こういった活動をしていくにあたり、気を付けたいことは、一時的に膨らむ在庫を確保するために、保管スペースを自社で準備しないようにすることです。繁忙期のみに活躍する保管スペースは、普段は足かせとなりかねません。そこで、わざわざ自社で余分な倉庫は持たず、必要な生産体制を行うためのスペースとして利用するほうが建設的です。もし、短期にわたり保管庫が必要となった場合には、貸倉庫を利用するという方法があります。

貸倉庫を流通の拠点に

通常、納品先というのは事前にある程度把握できることから、貸倉庫を納品先へのルートに配置しておく方法があります。商品に対する運送費の割合は、思った以上にかかることがあり、商品価格に響いてくるものです。そのため、各納品先への共通のルート上に貸倉庫を設定することで、すべての納品先への輸送費を安く挙げることができるのです。さらに、必要なとき必要なものに費用をかけることができるため、多くの利益を確保することが可能になります。

宅配便など私達の身近にあるサービスは、物流サービスの一種です。物を移動させ、流れさせるサービスです。